自分で行うネズミ駆除

subpage01

ネズミ駆除を行う時、業者に頼むと確実に駆除してくれますが、そこそこお金がかかります。

ですが、業者に頼まなくても自力で行うこともできます。


家庭で使える駆除グッズでは、バネ式の罠、カゴ式の罠、粘着シート、毒エサなどがあります。


バネ式の使い方は、食べ物でおびきよせてバネで挟み込んで捕まえます。

捕まったネズミは死んでしまい、設置も簡単で何度も使えます。


カゴ式は、バネ式と同じで食べ物でおびきよせ、カゴに閉じ込めます。

バネ式と違い生け捕りにする形になります。



次に粘着シートは、ネズミが通る場所に設置しネズミがくっ付くのを待つもので、こちらもカゴ式と同じく生け捕りにするタイプです。

食べ物で誘い出す物でないためネズミが通る場所に的確におかなければなりませんが、他のものに比べ安価で済みます。
最後に毒エサですが、古典的なネズミ駆除の方法です。

昔は薬剤を穀物に混ぜる仕掛けでしたが、最近は、そのまま置いておいてネズミに食べさせることができる市販の物があります。
気をつけなければいけないことが、誤って小さなお子さんやペットが食べないようにしなければいけません。次にネズミ駆除で侵入を防ぐ為には、穴や隙間を埋めることです。穴を塞ぐにしてもネズミがかじってしまうので金網を使い侵入を防ぎます。
さらに板状のものに比べ通気もよいので金網がいいです。



他にもネズミを遠ざけるやり方ですとスプレー式や煙、蒸気などの燻煙式などがあります。



こちらは設置場所がなくても良いのがメリットです。