床下と台所に出没するネズミ駆除を業者に依頼すると - 猫を飼うことによるネズミ駆除の注意点

床下と台所に出没するネズミ駆除を業者に依頼すると

subpage01

床下と台所に出没するネズミ駆除は、まず台所に出てくるほうを先に片付けます。台所の場合は、侵入経路がお勝手のドアの隙間に穴が開いている場合がほとんどです。



そのため、その隙間を詰めるとネズミが発生しなくなります。


ドアが古いのが原因なのですが、交換の際には費用がかかることから、隙間と同じサイズの薪を入れます。

ネズミはそれほど力がない生き物なので、入ることができないためネズミ駆除終了となります。


床下に発生しているネズミは数が大量にいる際は、ハツカネズミがいると見ていいです。



繁殖力が旺盛なため、1匹いた際は5匹はいる可能性が高いので、床下にネズミ駆除用の餌をチーズの破片と一緒に撒きます。


一週間も経過すれば、床下のネズミはほぼ全滅しているため、業者に動かなくなったネズミの処分をお願いします。この時は床下を懸命に動くことになるので、業者の顔は埃と蜘蛛の巣だらけになると想定されます。
仕事をして頂いているため、作業が終了した後は、洗面所を使わせてあげると喜ばれます。大きいネズミが床下にいて、それが暴れ回っている時は、粘着型の罠やネズミ駆除用の餌は効果がないです。
粘着型は張り付いても身体が大きいため抜け出せてしまうのと、駆除用の餌は、頭脳が発達しているので食べないのがその理由です。



業者は大きなカゴのような形の罠を設置して、その内部に肉片やチーズを入れます。
そして罠を放置となりますが、早ければ数日以内に床下で暴れるような音が発生します。
捕獲できたネズミは業者にお願いすれば処分してくれます。